塾長コラム

2018年新入塾生募集 お申込み受付


お問い合わせ/入塾や体験入塾に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。本部校:052-831-8009/香久山校:052-800-5588

メールでのお問い合わせ

~1人1人の生徒を大切にしたいから~あと 若干名「小学校2年生~中学生」塾生募集/まずは無料カウンセリング無料体験授業へ

成果が出る!ぐんぐん出る!敬愛塾の指導方針:The needle of your guidance of

結果は必ずついてくる!豊富な合格実績/TRACK RECORD

中学受験

南山中学女子部、南山中学男子部、愛知淑徳中学校、滝中学校、名古屋中学校、椙山女学園中学校、金城学院中学校、聖霊中学校、愛知中学校、名女大中学校、名大附属中学校、愛工大附属

高校受験

公立

明和高校・菊里高校・向陽高校・瑞陵高校・桜台高校・昭和高校・松陰高校・名東高校・天白校高・日進西高校・東郷高校・愛知商業・名古屋商業・市工芸高校など

私立

中京大学付属中京高校・名古屋高校・愛知高校・滝高校・愛工大名電高校・椙山女学園高校・東邦高校・栄徳高校・名古屋女子大高校・聖霊高校など

新着・イベント情報:CONTACT

テスト結果速報:RESULTS OF THE TESTES

生徒に教えてあげたいことが山ほどある。

塾長挨拶

塾長コラム

最初の一歩が子供の人生を大きく変える:お問い合わせから成績アップまでの歩み

クラス紹介/CLASS

  • 小学生クラス
  • 中学受験クラス
  • 中学生クラス
  • 個別指導クラス

敬愛塾案内/INFOMATION

■ 天白本部校
天白区大坪2-605
(地下鉄塩釜口2出口北へ5分)
TEL:052-831-8009

■ 香久山校
日進市香久山1-601
(香久山南交差点角)
TEL:052-800-5588

>>塾概要
>>アクセスマップ

敬愛塾facebook

HOME > 塾長コラム > 〜「心に残る思い出」〜

塾長コラム

〜「心に残る思い出」〜

2013/09/27

11月のある日曜日。中学校の期末テスト対策と受験学年の直前講習を4時に終了し、しばし休憩のあと、夕飯を食べくつろいでいた。すると一本の電話が自宅宛に鳴った。電話口には、男の子の声。「6年前に中学受験科で、お世話になった〇〇です。」「□□か?」「はい。」うちの塾は名字より名前での記憶が強い。この子は、小学校6年生より中学受験科に入学。この年は、南山女子中学校1名、愛知淑徳中学校2名、南山男子中学校1名、金城学院中学校2名、椙山女学園中学校2名、星城中学校1名、名古屋中学校1名などに合格。少人数ながらまずまずの合格実績を上げることができた。(自分の心の中では、少人数だからこそ一人一人にあった指導が可能なのだと自負しているのだが…)

 その中で、〇〇君は6年生から中学受験クラスに入塾ということで、他のこと比べると入塾(勉強開始)が遅かった分だけ、どうしてもあらゆる面で不利であった。何より受験に必要な5年生の重要な範囲を一からはじめなければならなかったからである。それを補うため、よく時間外まで残して勉強させた。弁当は一つでは足らなかったのを今でも覚えている。その後の本人の努力は素晴らしく、また理解もはやかったので少しずつ成績は上がっていった。結果は、第一志望の名古屋中学は不合格であったが、第二志望の星城中学校に入学。その後も、兄弟やいとこを御紹介いただき、指導するという御縁をいただいた。あれから6年が過ぎた。よくお花を持ってあいさつと近況の報告をしに塾へ訪ねてくれた。今年の夏には学校訪問の際本人に会った。身長も伸び、まるまるしていた体型もがっしりして見違えるようであった。彼は無遅刻無欠席で勉強の方も頑張っているようだった。この仕事に携わり、子どもたちが成長していく姿を見るのが最もうれしい瞬間である。

 話を戻すと、電話の内容は、「名古屋大学経済学部に合格しました。」とのこと。小学校時代は、塾内の成績は必ずしも上位ではなかった。寮に入り敬愛塾には通えなかったが、学校の的確な指導と、家庭のバックアップ、そして本人の努力の賜であろう。中学受験ではその夢は叶わなかったが、見事大学受験で素晴らしい結果を勝ち取ったのだ。それはもう、心から祝福した。電話の近くにいた家族は、その声の大きさにびっくりしていたが、彼とはまた後日会う約束をして電話を切った。

 現在も、敬愛塾には彼と同期の高校3年生のなかで、小学校から継続して通っている生徒が8名いる。長い子は9年目である。昔と変わらぬ若き(?)塾長として、身の引き締まる思いでいつも教壇に立っている。最終目標の大学受験に向け、よい結果が出ることを心から期待したい。

 また最近数名の中学3年生が入塾した。期間は短いが、限られた時間のなかで精一杯努力してほしい。中学2年生もすべての生徒とはいえないが、授業中の態度も落ち着いてきている。一年前とは全く違う真剣な眼差しに授業終了後しばらく感動していることもある。受験に取り組む前向きな姿勢を、これから少しずつ養っていってほしい。

 受験を迎える小学6年生、中学3年生、高校3年生にとってはこれからが本当の正念場である。受験勉強を通じて “目標に向かって努力をすることの大切さ”を、ぜひ学んでほしい。そしてぜひ第一志望の学校に合格できることを心から願っている。

 また、万が一たとえ第一志望に合格できなくても、努力するという姿勢は今後の人生に必ず役立つであろうし、またその努力は必ず報われることは、先ほどの電話の話からも理解してくれるものと思う。

 そうして考えると、中学受験・高校受験とも受験校をただ偏差値や名前・イメージだけで選ぶのは危険であることがよくわかる。よくその学校を調べ、そして自分にあった学校を選ぶことが出来れば、それからの人生にとって有益な3年間、あるいは6年間になるであろう。保護者の方も、「あんな学校だったら受けなくてよい(行かなくてよい)。」というような言葉だけは、言わないでほしい。どんな学校だって合格通知はうれしいものなのである。行くか行かないかは、受験が終了したそのあとで考えればよい。受験する前と後では、親も子供も「受けなければよかった」よりも「受けておけばよかった」と考え方が変わることが多いのである。

 だから、受験校については“受験慣れ”という意味も含めて、私立高校受験は3校受験が望ましいし、中学受験も日程が合えば【本命校、実力相応校、安全校】と最低3校は受験するのが望ましい。受験終了後に聞くと、合格通知が少ないのも寂しいらしい。迷ったら一度相談してほしい。

 〇〇君は 「あきらめずに努力を続けていくことの大切さ」を教えてくれた。夢を持ち、それに向かって努力を続ければきっと“夢は叶う”ことを改めて確認できた電話であった。受話器を置いたあと、彼との中学受験で一緒に頑張った時の思い出が走馬灯のように浮かんでは消え浮かんでは消え・・・

 塾生諸君もこのことを忘れずに、これからの人生を歩んでいってほしい。

 



「努力に勝る天才なし!」 


お問い合わせ/入塾や体験入塾に関するお問い合わせはこちらからどうぞ。本部校:052-831-8009 香久山校:052-800-5588 まずは無料カウンセリング・無料体験授業をお気軽にお申し込みください。

メールでのお問い合わせ

ページの先頭に戻る